傷跡を綺麗にする|【自信アップに繋げよう】ほくろ除去でコンプレックスを解消

ほくろ除去をしたら傷跡を残さないためにアフターケアをする

傷跡を綺麗にする

鏡を見る人

ほくろ除去で気になる傷跡

大阪のような大きな街にある医療機関でほくろ除去を行ったあとはしっかりアフターケアをするようにしましょう。ほくろ除去の傷跡が残るかどうかは医師の腕だけでなく、アフターケアをしっかり行うかどうかでもわかれます。出された薬があるという場合は、医師の指示に従って毎日ケアをするようにしましょう。

アフターケアの方法

レーザーでほくろ除去をした場合は医療機関から保護のためのシールや絆創膏を出されるでしょう。それらは、ホコリや雑菌から患部を守る役割を果たしてくれるのです。また、患部に蓋をするので保湿して傷口をより早く治すことができるでしょう。切除縫合法で縫い合わせた場合は、糸を水に濡らさないように気をつけましょう。

むやみに触らないことも大切

ほくろ除去を行ったあとの皮膚は、とてもデリケートになっています。ですから、傷口や傷跡には必要以上に触らないようにしなくてはいけません。軟膏を塗らなくてはいけない場合は仕方ありませんが、それ以外で押したりこすったり刺激を与えないようにしましょう。

紫外線には気をつけましょう

ほくろ除去を行ったあとの皮膚は、デリケートなので紫外線にも弱くなっています。保護のためのシールや絆創膏はその紫外線を避けるためにも使うようにしましょう。また、それらを受け取らなかったという場合はしっかりと日焼け止めで紫外線をカバーするようにしてください。患部が紫外線に当たると、色素沈着を起こしてシミやほくろができやすい状態になってしまいます。